いつ買うか

~ 株式投資は、技術 ~

株式投資は技術が要ります。その技術の一つが「いつ買うか」、すなわち買うタイミングです。

チャートを見てください。チャートの見方はある程度勉強が必要です。が、要は波型の折れ線グラフみたいなものです。下の方、安いときに買えればいいのですが、いつもそううまくいくわけはありません。だから何回にも分けて買うんです。安そうなところで何回も分けて買っていけば、最安値では買えなくても、平均すれば「なんとなく安い値段」で買えます。それでいいんです。大底なんて狙ったって買えるものではありません。

昔のプロの相場師は、自分で場帖をつけ、チャートをかいたらしいです。私は、毎日、日経平均、TOPIX、ダウ、所有しているETFの場帖をつけています。場帖というのは値段を書いていく表です。エクセルで作った表に、前の日のこれらの終値を書いていきます。その後、チャートを見ます。チャートは証券会社などが自動でかいてくれるので、自分ではかきません。

~ 練習、練習 ~

これを毎日続けていくと、2~3年ぐらいするとなんとなく、ホントになんとなくですが、値動きのクセというか、相場観というか、そういうものが身についてくる、はずです。3年なんて長い間・・と思ってはいけません。その後の何十年に比べればあっという間です。

最近の私の買い方としては、コロナが最初に中国で流行りだしてからどんどん相場が下がっていった時、毎日のように1~3万円ずつぐらい、買い続けました。全部で400万円ぐらい買ったかもしれません。また、直近ではウクライナのことがあってからずっと下がっていますが、ここも買い続けました。直近は少し戻したので儲かっていませんが、200万円弱ぐらい買いました。

これらはうまく行った例ですが、こんな風に少しずつ、毎日買っていくんです。

でもニューヨークのテロのときは、あまりに怖くて買えませんでした・・・