~ 重戦車 ~

資産運用といえば、普通の人がまず思い浮かべるのが株式投資ではないでしょうか。投資といえば株。株といえば投資。未だに危険なものというイメージを持っている人も多いでしょうが、一般の人にとって始めやすく、結果も期待できるものだと思います。

値上がりすればもちろんOK、配当も期待できる。インフレになれば企業価値に伴って値上がりする(理論上は)。買えば経済に興味が湧き、多少は財務諸表にも興味が湧く(かもしれない)。資産運用にはもってこいです。よく、「会社が倒産すれば紙くずになる」といいますが、よっぽど変な会社でない限り、上場している会社が倒産するってことはめったにありません。

しかし、単位株という制度があるため、1株ずつでは買えない場合が多いです。多いのは100株単位。するとちょっとした評判の会社の株を買おうとすると、数十万円単位の資金が必要になります。まあ単位株以下の枚数を買うサービスもありますが。

また、良くも悪くも特定の会社の株を買う以上、当たり前ですがその会社の業績次第です。その会社・業界が成長していけば株価も上がっていきますが、その会社独自の事情で暴落することもあります。たとえば私が昔持っていた某有名企業の株は、その会社の粉飾決算が発覚して暴落しました・・・嗚呼

個別の事情で上がったり下がったりする度合いが強いので、ある会社の株だけを買っていると暴落したときに痛い目にあいます。これを回避するためにはいろいろな業界・銘柄を買うといいのですが、「数十万円単位 ✕ 銘柄の数」の資金が必要になるため、結構な金額になります。

そして、投資信託以上に勉強しないと勝てません。チャートの見方などをしっかり勉強して、技術的なことも勉強して、始めるのはその後です。それも少しずつ実行して経験値を上げていかないと、下手くそなうちは必ず失敗します。いきなり大金でデビューするとコケますので、退職金で株でも始める、なんてことは絶対やってはいけません。

~ MBTではないが ~

そういう点では、特に初心者のうちは、少額から様々な銘柄に分散が効き、買ったら放ったらかしにしておいていい投資信託の方が扱いやすいと思うのですが、経験者にとっては資産運用の主力になるでしょう。