今後の方針(06/04)

今週は、全く買いませんでした。

ダウは週の頭に33,000ぐらいまで戻したけれども、その辺で一進一退。やはりそのあたりが上値抵抗線だと思うから、もみ合っているのだろう。

S&P500のチャートを見るとだいたいダウと同じような動きをしている。一方、SBI・V S&P500のチャートを見ると、だんだん戻ってきているように見える。しかし、これは為替レートの影響を受けた額なので、その形を鵜呑みにする訳にはいかない。ダウやS&P500のチャートが1年間で「やや右下がり」なのに、SBI・Vのチャートが「完全な右上がり」なのはそのためだろう。そして、私がSBI・Vのチャートではなくダウのチャートを見て購入の判断をしている理由はそこにある。

為替レートの方向が気になるところではあるが・・・ダウがここから下がっていくならSBI・Vも下がっていくだろうから、買い増しだ。上がっていくなら少し様子見か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。